高田引越センター 引越しのコツ

会社の指定で高田引越センターでない業者で引越しをしました

 

いつも使っている高田引越センターでない業者で引越し

今回、地方での引っ越しだったのですが、会社自体で引っ越し業者が決まっていた為、特に業者の選択等はありませんでした。

 

指定がなければ高田引越センターに以前お世話になったので高田引越センターにと思ったのですが、とある中小業者にお願いする形に…。

 

見積もり等に対応してくれた方は、言い方を悪く言えば適当な感じがしました。

 

良く言えばスピーディーなのですが・・・。

 

しかし、トラブル等はありませんでした。

 

引っ越し先でも同じような対応なのかと思い、いざ引っ越し先に業者の方々がくると本当に同じ会社の従業員かと思うくらい、全員の方が爽やかでハキハキしていました。

 

こちらの注文にも嫌な顔一つしないで、しっかりと対応していただき、こちらから何も言わなくても業者さんから「どちらに荷物置きますか?」等聞いてくれたりして、すごく良い引っ越しになったと思いました。

 

引越しアドバイス

自分自身が引っ越しをする時は、まず第一に要らないものを捨てる所から必ずスタートする様にしています。

 

以外に今まで要らないのに捨てられなかった物や服など、この際だからと捨てる踏ん切りが付くような気がします。

 

後はダンボール集めです。

 

ダンボールを全部が全部無料で用意してくれない業者さんもあると思うので少しでも費用を浮かすため、近所のスーパーやコンビニからもらったりしました。

 

引っ越し後のご近所への挨拶周りも住む地域の状況により必要かと思います。

 

地方ではご近所さんとの助け合いが必要となってくるので特にマンションやアパートなどでは我が家のように子どもがいると、騒音の問題等でトラブルになることも想定して最初の挨拶の際には必ず「うるさかったら言って下さい」みたいな一言も入れ挨拶に行くようにしています。

 

引越しノウハウまとめ(高田引越センターユーザー)

 

引越しの際、気をつける事

 

引越しノウハウ(高田引越センター関係)

 

高田引越センターで引越しをしました。

 

引越しのまえにまず断捨離することが大切だと思います。

 

運べる荷物は自ら運び、できるだけお金がかからないようにすると、引越し後に急なしゅっぴがあっても、まかなえました。

 

引越し後、何がどこにあるのかわからないことがよくありますが、普段から使うものはダンボールにいれないようにしています。

 

例えば旅行用のケースに使うものだけいれておけば、引越し後ダンボールをあさることなくすぐ使えるし、ゆっくり落ち着いて片づけをできるかと思います。

 

引越し当日は手続きなど忙しいので尚更前日に荷物をまとめる際、翌日必ずつかうものは自分で運ぶ方が効率がいいと思います。

 

また、毎回引越し後に前住居利用の光熱費などが日割りで請求されるので、引越し翌月は出費が増えます。

 

引越しから二ヶ月はお金に余裕を持ちたいですね。

 

 

とにかく、普段使わないモノからどんどん段ボールに詰めていくことです。

 

そのとき、深く考えないこと!考えはじめると手が止まってしまい、進みません。

 

そして、いらないものはとにかく捨てる!迷ったら捨てる!そうすることで、モノも減ります。

 

次に、あとからあれを詰めようと、段ボールに隙間をあけておいておくことはしない!一度詰めはじめたら全部詰めて、閉じてしまうことが重要です。

 

でないと、なかなか終わりません。

 

そして、荷詰めした段ボールは、一部屋の隅にどんどんおいていきます。

 

あちこちおかないでひとつの場所にどんどんおいていく。

 

これだけおわったんだと自分のがんばりが目に見えるので、嬉しくさらにがんばれる効果もある気もします。

 

こうやって、度重なる引っ越しを乗り越えています!

関連ページ

高田引越センターで引越しをした人の意見
高田引越センターの作業員はどうだった?気になる当日の様子を利用した方に聞いてきました。一緒に引越しが楽になるアドバイスも掲載しています。